青汁の飲み合わせについて

青汁はものすごくいいものです。豊富な栄養素にすぐれた食物繊維が含まれていることから、体にとってものすごく良い影響を与えてくれるものです。ですから、飲むことに関して言えばものすごく素晴らしいものなのですが、飲み合わせによっては駄目な例もあるのです。

例えば、血液の病気の薬を飲んでいる場合は青汁はNGになることもあります。ワーファリンという薬があるのですが、この薬の場合、青汁が血液を凝固させてくれることに対して、血液の流れを良くするという作用があります。これにより、両者の働きが鈍くなってしまうというところがあるのです。ですから、一緒に青汁は飲まないようにした方がいいのです。

そもそも、青汁に含まれているビタミンKの作用に関係するような薬は避けた方が良いということです。このビタミンKの量が少ない青汁もあるのですが、いずれにしても飲む際には医師に相談した方がいいのです。

また、青汁は腎臓に対してもいい働きをしてくれるわけですが、飲みすぎには注意したいです。腎臓の治療を行っている人の場合は特に気をつけることが大事で、青汁には多くのカリウムが含まれていることから下手に摂取しすぎてしまうとカリウムの過剰摂取になってしまうのです。腎臓の治療に何かしらの薬を飲んでいるという人も、青汁には気をつけて、飲みたいと思うならばまずは医師の診断を受けることが大切となってくるのです。これらに注意して、青汁ライフを楽しみたいものですね。



〔管理人推奨外部リンク〕
青汁ごとの効果が詳しく分かる比較サイトです ⇒⇒⇒ 青汁 効果

Copyright © 2014 青汁と薬の飲み合わせ!注意して青汁は飲もう! All Rights Reserved.